LEDとは、第4世代のあかり。

LED(Light Emitting Diode:発光ダイオード)を直訳すると、
「光を発生する半導体(ダイオード)」で、電気を流すと発光する半導体の一種です。
蛍光体に続く、人類が手に入れた第4世代のあかりとして期待されています。
LEDはこれまでの白熱ランプや蛍光ランプ・HIDランプと異なり、半導体結晶のなかで電気エネルギーが直接光に変化するしくみを応用した光源です。

すでに1907年にはこうした現象は発見されていましたが、白色光を得るために必要だった明るい青色LEDが1993年に開発されてから、新しい照明用光源として注目されるようになりました。

近年はその改良もめざましく、蛍光ランプ並の発光効率をもつ白色LEDが登場してきました。