照明器具には寿命があります。

【JIS C 8105-1-2010 照明器具-第1部:安全性要求事項通則】の解説では以下のように説明されています。

●照明器具の耐用期間は他の電気機器と同様に主として絶縁物の寿命によって左右されます。器具の心臓部である「安定器」の平均寿命(注1)はJIS C 8108(蛍光灯安定器)の解説に8〜10年と示されています。
(注1):「平均寿命」とは、この年数、時間までに半数の安定器は寿命がきていることをいいます。

●ただし、蛍光灯器具が施設された場所の周囲温度、湿度、電源電圧、点灯時間、汚損、腐食性ガス、振動、取付方法などで耐用年数が大きく影響されるとしています。

●電気用品安全法・技術基準第1項では、電気絶縁材料(安定器、ソケット、電線など)の性能の限界を40,000時間としてその間性能が維持できる温度限界を個別に定めています。

●適正交換時期は、使用時間、温度・湿度など、一般的な使用条件における経年劣化により、照明器具の故障が増加し始める時期です。例えば器具の1日当たりの点灯時間が短い場合など、使用条件によっては適正交換時期の告知前に故障等になることもあります。また、逆に1日当たりの点灯時間が長い場合は、適正交換時期を告知するまでの年数は短くなります。なお、適正交換時期は、照明器具の交換が推奨される時期であり、保証期間を指すものではありません。
※周囲温度、電源電圧、点灯時間による適正交換時期は下表(表1 適正交換時期の目安)によります。

●(社)日本照明器具工業会ガイド111-2010では耐用の限度を15年としています。これは、器具としての機能が低下し、絶縁物の劣化が相当進み、安全のための照明器具の全数交換を必要とする年限のことです。

●建築物修繕措置判定手法(建設大臣官房官庁営繕部監修(財)建築保全センター発行)でも10年を適正交換時期、耐用の限度を15年としています。

照明器具には寿命があり、設置して10年経つと外観に異常が無くても内部の部品(安定器、ソケット、配線など)劣化は進行しています。(15年が照明器具の耐用の限度です)
※掲載内容はパナソニックのメーカーサイト公開時のものであり、最新の情報とは異なる場合がございます。

ブラケット シャンデリア シーリングライト ダウンライト スポットライト 吹き抜け灯 ポーチライト ペンダント フロアスタンド 卓上スタンド 足元灯 ガーデンライト 門柱灯